• Edvation x Summit 2019

    特別企画

  • ■社会課題×公共放送
    デジタルにできること@日本賞2019

    NHK日本放送協会「日本賞」

    教育コンテンツの国際コンクール『日本賞』では、デジタルの特性を活かした教育的なデジタル作品が競い合います。
    今年、デジタルメディア部門の一次審査を勝ち抜いたのは、オランダ、ノルウェー、ドイツ、カナダそして日本の
    公共放送が、社会的課題に挑んだ5つの作品でした。
    いじめ、SNSに潜む闇、環境問題、そして歴史をどう次世代に語り継いでいくか。
    そんな世界共通の課題に対して、デジタルコンテンツは、そして公共放送は何ができるのか。
    11月5日の公開審査のため来日した5人のファイナリストと意見を交わします。


    場所:

    日時:


    ※本コンテンツへの参加にあたっては、Edvation x Summit 2019の入場パスは不要です。

    ■第1回AIラジコンカーグランプリ

    一般社団法人iOSコンソーシアム

    Donkey Car※プラットフォームを使い、TAMIYA製ラジコンカーに各チームが30分間AI学習させることでコース周回スピードを競う、学校対抗のグランプリです。
    本コンテストは、生徒の最新 IT 技術を学ぶ機会の提供とともに、複数の学校間の生徒交流を目的に、AIラジコンカーグランプリ委員会の協力で実施するもので、今回が1回目の開催となります。

    ※Google が提供している機械学習のためのソフトウェアライブラリ「TensorFlow」(テンソルフロー)を Raspberry Pi に搭載し、ラジコンカーにカメラを搭載して作る自動運転車のプラットフォームがDonkey Car(ドンキーカー)です。人工知能による高度な自動操縦が行えます。

    場所:

    日時:

     

    ※本コンテンツへの参加にあたっては、Edvation x Summit 2019の入場パスは不要です。

    ■Wacom Inkathon – 『デジタルインク』を使った教育向けアプリ開発コンテスト・決勝戦

    株式会社ワコム

    Wacomが2016年より開催する、デジタルインクを使ったアプリ開発コンテスト、Inkathon(Ink + Hackathon)。2019年は、教育に特化したアプリを、日本を始めとするアジア各国から募集しました。当日は、一次審査を経て選ばれた優秀なアプリを開発したチームが、賞金総額30000ドル(約320万円)をめざして、熱いプレゼンテーションを行います。教育に革命を起こすのは、いったいどんなアイデアなのか?教育関係者も注目のアプリのコンテスト決勝戦に、乞うご期待!

     

    場所:

    日時:

    ■中高生が考える EdTechアイデアソン 〜教育を自ら創造しよう!〜

    江戸テック(高校生有志)

    チームごとに、中高生だからこそ感じる教育の問題点を挙げ、EdTechを利用した解決策を1日かけて考えてます。それをプレゼンし、豪華審査員が選考します。
    景品には、Google・Amazon Web Serviceの会社見学券が与えられます!

    ※昼食については、各自でご準備いただくようお願い致します。
    ※パソコンをなるべく持参していただくようお願い致します。

     

    場所:麹町中学校

    日時:11/4(月・祝)10:00〜18:00

  • 主催

    Edvation x Summit 2019

    実行委員会

    一般社団法人

    教育イノベーション協議会

  • チケット購入

    チケット購入は以下のリンクからお願いします。

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。